睡眠導入剤を安全に使うには

睡眠導入剤が市販できない理由

睡眠導入剤は、薬事法によって、一般の薬局などで購入することができません。個人輸入で自己責任で購入することができる場合がありますが、非常に危険です。
薬局などで売られている睡眠導入剤は、睡眠改善薬であり、成分なども異なります。薬局などで販売される「ジフェンヒドラミン塩酸塩」のみです。アレルギーなどをおさえることで、副作用として眠気が起こる成分の副作用を応用してつくられた薬であり、効能がかなり弱い薬です。
睡眠導入剤は、法律で、医師の処方箋がないと処方してもらうことができません。睡眠導入剤は、非常に即効性が高い医薬品であるため、医師が薬の服用を認めない限りは、処方してもらうことができません。
睡眠導入剤が市販できない理由は、薬の乱用を防ぐためです。即効性があり、薬の乱用をすると、依存性や持ち越し効果、筋弛緩作用などがあり、非常に危険であるため、医師の指導が必要です。依存性は、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤に多く見られ、強いイライラがおきたり、吐き気を催してしまったり、不眠症状が強くなったり、同じ服用量で効果が出にくくなって服用量が増え続けて薬の服用をやめられなくなったりしてしまうため、非常に危険です。持ち越し効果は、起床したときに、薬が体内に残ってしまい、運転中の居眠りや頭痛、頭重感、めまい、判断力や思考力の低下などを生じてしまいます。筋弛緩作用は、睡眠導入剤の効果によって筋肉が弛緩してしまい、力が入らなくなってしまう副作用です。筋弛緩作用により、転倒しやすくなってしまい、ケガしやすくなってしまいます。そのため、薬の服用によって、さまざまな副作用のリスクがあるため、医師や薬剤師の注意をしっかりと聞きながら服用しなければなりません。