睡眠導入剤を安全に使うには

不眠症対策には睡眠導入剤やアロマが有効

眠れない状態が続くと、肉体的にも精神的にも疲れが溜まります。眠ろうと焦れば焦るほど、眠れなくなることもよくあります。無理に眠ろうとしないのも一つの対策ですが、昼間眠気が出たりすると仕事や勉強に支障をきたします。どうしても眠れないときは、薬を使うなどの対策を講じたほうが良い場合もあります。
睡眠導入剤は、いわゆる睡眠薬と同じものですが、昔の睡眠薬よりも安全性が高くなっています。過去によく使用されたバルビツール系の睡眠薬は、脳の一部を麻痺させて眠らせる薬で、飲み過ぎると命にかかわることもありました。しかし現在の睡眠導入剤は、精神をリラックスさせることで眠りを誘う薬です。主流になっているのはベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠導入剤で、抗不安薬としても用いられています。ほかに非ベンゾジアゼピン系という新しい薬もありますが、働きは似通っています。
睡眠導入剤には非常に多くの種類があり、不眠の症状に応じて選ぶ必要があります。一般に早く効き目が現れる薬は早く効果が切れ、ゆっくり効き目が現れる薬は長続きします。寝つきが悪い人には短時間型の薬を、眠りが浅く寝足りない人には長時間型の薬を使うのがポイントです。
精神をリラックスさせるという意味では、アロマも有効な対策といえます。特にうつや更年期障害の人、焦りや緊張で眠れない人には、アロマの効果が高いと考えられます。アロマを選ぶときには効能書きよりも、自分が安らげると感じるアロマを選ぶのが一番です。いくら世間で効き目があると言われていても、自分が嫌いな香りでは逆に眠れなくなります。また香りが薄すぎても濃すぎても逆効果になるので、適量を使用することが大切です。