睡眠導入剤を安全に使うには

ハルシオンで寝付けない人へ

ハルシオンは、睡眠薬の中でも睡眠障害に縁がない人にも、よく知られている睡眠薬ではないでしょうか。ハルシオンは、病院でもよく処方される薬です。そのハルシオンは即効性があり、薬の効果が強いことに特徴があります。その効果は、飲んで一時間後が薬の効き目のピークを迎えるといいます。そして薬の半減期といわれる時間も短いために薬の効果は長続きしません。しかし睡眠導入剤として素晴らしい効果を持つために、寝つきが悪いなあというような睡眠導入障害の人には良く用いられる薬です。反対にハルシオンは、短時間で効果が表れてしまうために注意が必要なこともあります。それは服用してから意識がもうろうとし、意識がないままに何かせん妄状態になることがあるので、注意が必要なのです。このハルシオンは、よく効く薬として知られていますが、これで寝付けない人はどのようにしたらよいのでしょうか。ハルシオンは主に入眠障害の人に効果を現します。反対に睡眠の途中で何度も目を覚ましてしまうような中途覚醒するタイプには適していないといえます。それはハルシオンが睡眠導入剤としての効果が強いからといえます。ハルシオン以外にも睡眠導入剤といわれるものはありますが、ハルシオンがきかない人には、超短期型といわれる睡眠導入剤や他の種類の薬を試してみる価値はあるでしょう。また自分の睡眠のタイプが、入眠障害と中途覚醒の両方を持っている場合があります。この場合は中途覚醒に対しての、睡眠薬の使用も必要になります。そのためハルシオンだけ効かない場合は、医師に睡眠のタイプをしっかり見極めてもらう必要がありそうです。またハルシオンは強い薬であり、依存性もあるので、同じ薬を量を増やしてずっと使用するわけにはいきません。寝付けない人は薬を変えて効果を見ることも必要です。