睡眠導入剤を安全に使うには

インタスファーマのジェネリック開発について

近年における社会的状況として大きなストレスのもとに仕事をしたり生活をしたりしなければならない状況に立たされている人が世界的に見ても多くなっています。ストレスによって不安や悩みが生まれることにより様々な精神障害を被る様になってしまう人も稀ではなく、中でも睡眠障害を患ってしまう人が病院を訪れることが増えてきています。
睡眠障害の患者には通常は睡眠導入剤が処方されます。一昔前はバルビツール酸系の睡眠導入剤が効果が高いものとして汎用されていました。しかし、バルビツール酸系の睡眠導入剤は中枢神経系に直接作用して呼吸器抑制を引き起こしうるという重大な副作用があり、厳密な管理のもとに扱われなければならない大変さがありました。その効果からバルビツール酸系のものは自殺にも用いられたことがあり、より安全なものが開発されて使用されるようになってきています。ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤を主流として、その副作用をさらに軽減した非ベンゾジアゼピン系のものも広く市場に出回るようになっています。睡眠障害を持つ患者の多くはこういった薬を日常的に使用しなければならないことが多く、医療費が嵩むという大きな問題を抱えてきました。これに対してインタスファーマのようなジェネリック医薬品を開発する会社が睡眠導入剤のジェネリック医薬品を出すようになっています。インドのインタスファーマ社はその人件費の安さもあってより安価なジェネリック医薬品の提供を進めています。医療現場ではジェネリック医薬品としての信頼性に疑いの目を持つことも多いものの、インタスファーマを代表として多数の会社がジェネリック医薬品を市場に出すようになったことから医療費削減に向けて採用する傾向が強まると予想されます。