睡眠導入剤を安全に使うには

アルツハイマー予防には不眠症に利く漢方薬が良い

30後半以上で多くなっている症例の一つにあるのが若年性アルツハイマーですが、アルツハイマーは何らかの原因により脳神経が壊されていき全身の組織活動に支障をきたす病気です。その病気がこれまで50代以上に多かったのが40代の若い世代で蔓延している原因としてあげられるのが不眠症であり、不眠症はその名の通りによるに夜に暗闇にしても眠れなくなる状態をいいます。不眠症との関係とは、不眠症は体が睡眠状態になることができないため体の代謝が行われずに細胞の再生が行われないことと過剰に神経が活動しているので脳が休まらないので負担となってしまい蓄積したダメージが脳神経を壊してしまうためアルツハイマーの発症リスクが増えるのです。その不眠症の原因は過剰に働いている神経活動が原因なので、その治療法には睡眠導入剤が使用されます。睡眠導入剤は過剰に反応した神経であっても脳にある体を休めるための神経信号を分泌することで強引に眠りに就かせる薬です。この睡眠導入剤を服用することで一時的に不眠症は解消されますが、しかしあくまで補助が目的で完治ではないため体が慣れてしまうと睡眠導入剤が効かなくなるほかにも飲みすぎると休める信号が過剰に出てしまい全身の組織活動を抑え込んでしまうため危険性が高まります。そこで不眠症予防としては出来るだけ強引に睡眠のスイッチを押す睡眠導入剤ではなく、自然に眠りにつくことが良いのでその時に活用すると良いのが不眠症に利く漢方薬です。漢方薬は東アジア全域に広がる自然療法の一つで、植物に含まれている成分を抽出して服用することで副作用が無く体にとって良い効果を与えるものです。不眠症に利く漢方薬には酸棗仁湯や半夏厚朴湯といった物が活用されますが、これらの不眠症に利く漢方薬は神経を休めて体を温める効果がありそれがリラックス効果を呼び不眠症を予防します。