睡眠導入剤を安全に使うには

睡眠導入剤と睡眠改善薬の違い

早く寝たくて布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、眠れたと思っても少し時間がたてば目が覚めてしまうなんて事で悩んでいる方は多いと思います。
この中々眠れないという悩みを持つ人は結構多くいて、深刻な症状の方は睡眠薬の導入を考えるようになります。
この睡眠薬ですが、おおまかに分類すると睡眠導入剤と睡眠改善薬があります。
この睡眠導入剤と睡眠薬にはどんな違いがあるのかは不眠の症状によっては重要な違いになります。
睡眠導入剤の方は、一般的に言われる睡眠薬に近い意味のものです。
服用することで大脳に直接働きかけ、睡眠につながる効果を発揮するのですが、この効果の作用には鎮静睡眠というものと精神安定という作用があります。
睡眠を穏やかに誘発する作用が鎮静睡眠で、精神的な不安を鎮めて安心感を得られる作用が精神安定や抗不安と呼ばれる作用です。
これら睡眠導入剤とは別の睡眠改善薬の方は、その主成分が抗ヒスタミン薬と呼ばれるもので、アレルギー症状の抑制やかゆみ止めなどに利用される、この抗ヒスタミン薬には眠気を誘発する効果があるため、睡眠改善薬として利用されています。
睡眠改善薬と睡眠導入剤のどちらが自分に合うのかというのは気になる所だと思います。
睡眠改善薬の方は普通に市販されていることが多く、最近不眠になってしまった方とか、眠ってもすぐに目が覚めてしまうというような方が最初に試してみるのに向いている薬です。
この睡眠改善薬を何度か飲んでみたが、不眠が改善する傾向がみられないという場合は薬剤師か医者に相談してみましょう。
そして医者の診断で不眠症と言われた場合、睡眠改善薬は不眠症には向いていないと言われているので、素直に医者に処方された薬のみを使用するようにしましょう。

■安眠したいならこの薬がオススメ
メロセット
■知っておきましょう
睡眠導入剤と睡眠薬は違います